J-REITJ-REIT事業

地域の生活基盤と生活インフラを支える
資産の一部としての不動産投資

LCパートナーズが考える
J-REITの意義

LCパートナーズが考えるJ-REITの意義は、国や地方公共団体が進める政策の履行のために必要な不動産を長期安定的に保有することです。特に従前から積極的に取り組んできた、地方・地域社会の日常生活に必須な不動産に加え、地方・地域社会の雇用促進や成長をもたらす関連施設としての不動産を主要な投資対象として運用することを目指します。

当J-REITは、従来資産規模が小さく取り組みが難しかった地方所在の生活密着型の商業施設、病院・医療関連施設をその主な投資対象とします。これらの施設は、地方・地域の生活を支えるために必須の施設であり、広義の生活インフラ資産であると考えられます。生活インフラを支えるという観点から、これらの施設を当J-REITが長期・安定的に保有・管理することは社会にとって大きな意義があります。

また地方・地域の発展や成長を支える不動産施設に対する投資も当J-REITの2つ目の柱とします。地方・地域の成長エンジンになるアセットに当J-REITが投資することにより、持続的な地方・地域経済の成長を促すこととなると考えられます。かかる地方・地域経済の活性化の観点からも、現在の日本のテーマである「地方創生」に対して当J-REITが果たすことのできる役割は大きいと考えます。

また、当J-REITは、不動産投資による投資家の収益を追求するのみならず、LCグループが長年培った不動産管理のノウハウに加え、テナント、その利用者及びそこで働く関係者とのコミュニケーションを行うことで、”アセット・ステークホルダー”の利益を最大限にすることも、その目標とします。

新たなJ-REITの役割の提案

地方・地域成長戦略への貢献
LCグループは地方・地域を、単なる地方都市ではなく、「人々が生活を営むエリア」と考えます

地方・地域の日常生活を支える
インフラ施設

  • 地方・地域の日常生活を支える不動産
  • 公的不動産の有効活用※1
  •  

【日常生活安定のための役割】

  • 近接商業施設(ネイバーフッド型商業施設)
  • 病院・医療関連施設(地域医療、保険診療)
  • 介護・福祉施設
  • 物流・倉庫
  •  

※1 既存施設の効率化
民間企業の介入により、運営の効率化が成される可能性の高い施設を保有する。

地方・地域の成長を促進する
関連施設

  • 観光立国を支える関連施設
  • 地方・地域経済発展のための必要施設
  • 公的不動産の有効活用※2

【地方・地域の成長のための役割】

  • 病院・医療関連施設(自由診療)
    (例:健診事業、メディカルツーリズム、アンチエイジング等)
  • 観光関連施設
    (例:アミューズメントパーク、温泉施設等)
  • 公的不動産の有効活用に係る施設

※2 用途変更、雇用創出
公共施設の用途変更や、行政所有の土地を活用した開発など、地方・地域の活性化、新たな雇用機会の創出を目指す。

Value Creation

収益向上だけではない、地方・地域に貢献できる
新たな価値の創造

・IoT, ICTの積極的導入   
・「耐震化による減災」への取り組み

地方創生及び地域経済の成長促進
地方・地域を元気にする!日本を元気にする!