お客様本位の業務運営に関する方針

株式会社LCパートナーズ(以下「当社」といいます)は、平成29年3月に金融庁が公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択するとともに、当社の方針として明文化し、以下の通り公表します。今後、本方針を定期的に見直し、当社の主要な施策についても随時、必要に応じてお客様にお知らせすることとします。

【顧客本位の業務運営に係る方針の策定・公表等】
原則1.金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表するとともに、当該方針に係る取組状況を定期的に公表すべきである。当該方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直されるべきである。

当社は、本原則については、本方針を策定・公表するとともに、定期的に見直すことによって実現してまいります。

【顧客の最善の利益の追求】
原則2.金融事業者は、高度の専門性と職業倫理を保持し、顧客に対して誠実・公正に業務を行い、顧客の最善の利益を図るべきである。金融事業者は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めるべきである。

当社は、常に顧客の利益を第一に考え、行動するために各種社内規程を定め、研修を随時行い、全社にそれが徹底し、定着するように今後も努力してまいります。

【利益相反の適切な管理】
原則3.金融事業者は、取引における顧客との利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、当該利益相反を適切に管理すべきである。金融事業者は、そのための具体的な対応方針をあらかじめ策定すべきである。

当社は、各種法令、当社の加入する各種協会の自主規制ルール、当社の社内規程に従い、取引をするにあたって、取締役会等の社内機関のほかに外部の専門家を構成メンバーとするコンプライアンス委員会、投資委員会の議論を経ることにより、利益相反について適切に管理する態勢を整えております。上記委員会においては、利害関係者との取引等利益相反の恐れがある取引について審議がなされ、外部の専門委員は取引に対する拒否権をもつなど公正な取引を行うための仕組みを整備しており、今後も適切に利益相反を管理していきます。

【手数料等の明確化】
原則4.金融事業者は、名目を問わず、顧客が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、顧客が理解できるよう情報提供すべきである。

当社は、各種法令に従い、契約締結前交付書面等の書面において、手数料等の費用の情報を提供しております。記載にあたっては、コンプライアンス部が審査を行い、単に法定の事項が開示されているかどうかのチェックのみならず、お客様が理解できるかどうかという観点でチェックを行っており、今後もお客様が手数料の性質について理解できるような情報提供を進めてまいります。

【重要な情報の分かりやすい提供】
原則5.金融事業者は、顧客との情報の非対称性があることを踏まえ、上記原則4に示された事項のほか、金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報を顧客が理解できるよう分かりやすく提供すべきである。

当社は、上記原則4に定められた手数料等以外にも、書面や対面の方法により、お客様に当社の提供する商品・サービスについての重要な情報をわかりやすく伝えるように取り組んでいきます。

【顧客にふさわしいサービスの提供】
原則6.金融事業者は、顧客の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、当該顧客にふさわしい金融商品・サービスの組成、販売・推奨等を行うべきである。

当社は、当社の提供する商品・サービスについて十分ご説明したうえで、ご理解いただける方と契約を締結しております。そのためのお客様に対する審査の社内手続きを定めて、運用しており、今後も顧客にふさわしい金融商品の組成、販売等を行ってまいります。

【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】
原則7.金融事業者は、顧客の最善の利益を追求するための行動、顧客の公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するように設計された報酬・業績評価体系、従業員研修その他の適切な動機づけの枠組みや適切なガバナンス体制を整備すべきである。

当社は、人事評価において、顧客の利益を重視しているかを重視して行います。また、適宜、従業員研修を行うなど、適切な動機づけのための態勢の整備に努めてまいります。